2009.11.15

もっかい!のバランスネタまじツッコミ

前の記事の続き で、萌え四コマの中で、何と バランス棒 からみのネタがあったので紹介します。

4224 さんの「もっかい!」という作品ですが。。。
(まんがタイムきららMax 2009.12月号 参照)

ひたすら、傘でバランスをとる 女子学生の様子を描いております。ネタ的にも面白かったです。(掲示板サイトでも好評の様子)

が、バランス棒を得意としている管理人より、マジつっこみ してみます。
本漫画の絵がないと、なんのこっちゃ?になるかもしれませんが、著作権の問題もあるので、文字の説明でご容赦下さい。

1) 雨の中、傘を広げた状態で小学生が歩きながら傘のバランスをとる
   ↓↓
傘を広げた状態というのは、空気抵抗を受けやすい 状態なので、その状態で歩きながらバランスをとることは、実は難易度が高いです。特に、野外の場合は、実際は風の影響を強く受けますので。間違ってもリアルな世界では、真似しないことをお奨めします。

2) 衛(まもる)ちゃんのバランスパフォーマンス(指先&背面での傘のバランス)
   ↓↓
色々難易度の高いことをしていますが、視点が指先にいっているのはありえません。
バランスパフォーマンスの基本は、バランスする対象物の先端(指先側の反対) に視点をおくことです。

3) 遊(ゆう)ちゃんの技量
   ↓↓
定規でバランスの練習をしていましたが、定規でバランスがとれる技量で有れば、傘バランス6秒間はあまりに短すぎます。定規でのバランスは、実は難易度は高い のです。

本指摘は、あくまで本漫画におけるバランスパフォーマンスの内容を真に受ける人(そんな人いるのか?とは思うのですが(笑)) に対するものであり、漫画の世界観を否定するものではありませんので、その点ご了承下さいませ。

| | TrackBack (1)

萌え四コマ

久しぶりにブログを書くような気がします。
姉妹ブログの「パフォミュ〜」は少し書き込みをしましたが。

ここのところ、仕事から来る精神的な問題などで、色々有りまして、ブログの更新がとどまってしまいました。。。。

最近ですが、年齢的なことを差し置いて、いわゆる 萌え四コマ にはまり始めています。(詳細は、wiki の説明を参照下さい)

というのも、個人的には以下の理由のためです。
1) 基本的には4コマ漫画なので、全部を読み通すことなく、部分部分を読むだけで楽しめる
2) キャラクターはかわいい ("萌え" の世界ですからね〜)
3) ストーリーも日常のまったりとした内容であり、読み手の感情がゆさぶられることが少ない

疲れた状態で、長編小説を読むエネルギーが失われていく中にあっては、上記条件は大変ありがたかったりします。もっぱら、きららシリーズ はチェック中ですね。

勿論、一般的にこのような世界のあわない方がいることを十分承知してますし、他の方に自分の嗜好を無理強いするつもりはありません。が、本世界に触れてからは、少しですが気分的に楽になったのは事実です。

数年前は、温泉旅行に気合いを入れていて、その リスト を作っていた日々が嘘のようですね。

今後、管理人にとって、どのようなことを「遊び」としていくのでしょうか?
正直分からないのですが、まずは、心安らぐ日々を過ごすことを第一としていきたいですね。

| | TrackBack (0)

2008.08.24

遊びのオリンピック

何か、9/21に 遊びのオリンピック というのがあるらしいです。

と、まあここまでなら、オリンピックにかこつけた、良くある話なのですが、本話がユニークなのは、自分の道具は自分で作る という点にあるとのこと。
そもそもが、"ものづくり" というキーワードがコンセプトだからのようです。

面白そうですが、当会場の場所はやや不便かも。
子供が対象であるだけにその点気がかりですね。

| | TrackBack (0)

2008.08.23

回文遊び

先日、某TV局の "回文" アナが紹介されていましたが、世の中にはかなりレベルの高い方々がいらっしゃるようです。

HP を参照下さい。

このレベルまで来ると、、、、、感動ですね。

| | TrackBack (0)

2008.07.28

棒ゲー3


女バージョン も購入して、"両手" でバランスをとってみました!!
が、管理人の技術不足か、結構難しくて、最高で4分程度しかできていない状況です。

とりあえず、youtube に 動画 を貼っておきました。約1.5分保持してます。

2つの棒からそれぞれ音がでていますので、音楽やセリフとかが、ぐちゃぐちゃの訳の分からない状態となっていますが、その辺りも含めてお楽しみ下さい。
1分過ぎには、わざと交互にピストンしているのですが、、、今一ですね。

| | TrackBack (0)

2008.07.20

棒ゲー2

予告 したとおり、バンダイさんの "棒ゲー (男バージョン)" を購入しましたので、早速レビューします。

◆管理人のゲームの結果(take1)
 右手 999秒(Max) (棒年齢7歳)
 左手 999秒(Max) (棒年齢2?歳)

棒の長さが短いので、やややりにくさはありましたが、まあこんなものかと。
(一応、バランス棒のようなことは、20年? くらいはしてますから)

しゃべりのバリデーションが不足している感はありましたが、音楽がずっと流れているので、999秒がどうしようもなく退屈ということはありませんでした(が、途中で片足バランスしたりなどして気分転換はしていましたが)。
セリフのうざさはそれほど感じませんでしたが、この辺りは人によりけりでしょうね。
後、「おっとっと」というセリフは棒の傾きにリンクしておらず、ランダムに出ている印象を受けました。

何度傾いたら駄目なのかは、はっきりとは分からなかったのですが、バランスをとっていても激しくスイングさせると、倒れたとみなされるようです(通常はこんなことは起こらないでしょうが)。

まあ、少なくとも一般向けで有れば、本ゲーム設計で問題なく楽しめるのではと思います。
難点は にも触れましたが、棒の長さが短いため、難易度があがって取っつきにくい 点ですね。慣れていない人だと、10秒もきついと思います。

ちなみに、本来の遊び方でないので、自己責任になってしまう のですが、ジャンプ、スピンも技術的にできました。(重心は若干上側にあるようです)

今後は、女バージョンも購入して、同時にバランス してみたいですね。

| | TrackBack (0)

2008.07.05

海外旅行上の注意

海外旅行って、なんだかんだ言って楽しいですよね。ちょっと怖いけど。

ところで、レジャー旅行 の際においても、外務省の 海外安全ホームページ を確認することは常識ではありますが、ここに掲載されている情報だけではくみ取れないことも残念ながらあります。

日本女性が海外に行くと、"性的に開放的になるので、トラブルが色々起こる"、という話は以前から噂話として聞くところではありました。
が、最近になって、実は、大手日本メディアが、"英語" で日本人の性癖に関し誤解を招く記事を配信 していて、(一部の)海外の方がうっかり信じてしまっていることによるのでは、との疑惑がでています。詳細は、こちら を参照下さい。

本疑惑の妥当性は別にして、こういう記事が配信され、放置されていたのだとすれば、こういう記事に興味をもつ海外の方が誤解するリスクもゼロではありません。(注:現在、当該記事は大手日本メディアにより削除されていますが、本記事は正当な内容であるとの立場のようです)

渡航される際には、そういう情報が海外に流されていたという事実を頭の片隅においておいた方が、あらぬトラブルに巻き込まれなくて良いかもしれませんね。(特に、個人旅行とかの場合)
また、海外に行かれる方がいらっしゃいましたら、その点お伝え下さいませ。

注:本騒動については思うところはあるのですが、本ブログのコンセプトに合わないので、ここでの意見表明は遠慮させて下さい。

| | TrackBack (0)

2008.06.22

棒ゲー1

昨日くらいから話題の、 バンダイ の新しいおもちゃに関する 記事 です。

まあ、管理人のやっている バランス棒 (動画は こちら ) とコンセプトは似ているので、一応個人的なレビューを。

但し、東京おもちゃショーに参加することが困難なところに住んでいるので、まずはweb 上の情報をもとにした推測になる点ご了承下さい。きちんとした レビュー は、購入後に改めてしたいと思います。

1) この写真のバランスの仕方は "変" です。わきを閉めた状態で、手の位置をもう少し下(胸と腰の中間あたり)にしないと、長い時間のバランスはしんどいです。 管理人のを含めた、多くの事例(動画)を調べれば分かりますが。。。

2) 長さ35cmは、一般向けとしては難易度が高いと思われます。
 手の位置を腰あたりにすると、目線は下がりますし、目線を合わせにいくと、1) のようになります。
 一般に、長さが長いほど難易度は低下しますので、初心者にやる気を起こさせるので有れば、もう少し配慮があった方が良かったのにと思います。

3) 傾いたら音声がでるというアイデアは面白いと思うのですが、であれば、その技術を最大限に生かした、ゲーム性を高める、より良い方法があると思うのですが。(この辺りは、実際の商品を取り扱った後に触れようかと思います)

無限シリーズ のような大ヒットとなるか否か、注目ですね。

| | TrackBack (0)

2008.06.01

棒バランス

春の競技会シーズンですが、「棒バランス」といって、棒を掌の上でどのくらいバランスをとり続けるか、その時間を競うことも行われているようですね。
これを発展させると、管理人がやっている バランス棒 なのでしょうけど。

バランス棒 の技量は必要ないけど、、、、という場合も多いでしょうから、「棒バランス」がうまくなるためのコツを私見ながら。

1) 道具ですが、DIYショップにいけば、木の棒が販売されているので、それを購入されるのがお勧めです。
 必要に応じて、両端は "キャップ脚" などを装着して下さい。
 ホウキなどは、重心に変な偏りがあったりすること、また重量が軽いので、意外にやりにくかったりします。
 なお、棒自体が "しなる" ようなものは使用しないで下さい。本棒のバランスは難易度が高いです。

2) 「棒バランス」の難易度は、棒が短くなるほど、また軽くなるほど、高くなっていきます
 練習の際には、そのことを頭に置いて、自分の技量に応じた、適切な道具を使用して下さい。

3) 「棒バランス」を実施する際は、両膝を軽くまげた、リラックスした状態で実施して下さい。
 なお、本状態で安定してバランスがとれるようになったら、歩きながら実施するなどをしてみてください。

4) 「棒バランス」を実施する際の "視点" ですが、棒の先端 が基本です。
 なお、慣れてきたら、わざとに別のところに視点をおいた状態で、「棒バランス」をしつづけるという訓練もあります。

とまあ、記載しましたが、後は大変地道な練習となります。くじけそうになったら、難易度の低い長い棒で練習し、うまく行ったら短い棒で練習するなど、メリハリをつけた練習がよいかもしれませんね。

最後に、管理人のバランス棒の 最新ネタ です (Youtube へup した動画)。「棒バランス」には直接関係ないでしょうが、こんなこともできるという意味で、ご参考までに紹介します。

| | TrackBack (0)

2007.11.14

ゆるキャラ運動会

タイトルのとおりですが。。。

詳細は 本記事 を参照いただくとして、リアルに見たかったですね〜。

まあ、"TVチャンピョン" で似たネタがあった気もしますけど。

| | TrackBack (0)

«おもちゃ小ネタ